仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

仮想通貨(暗号通貨)NEMを買ってNEMBERになろうとする人にお勧めする情報収集方法

f:id:keep_it_100:20170617081455p:plain

仮想通貨(暗号通貨)投資に2017年より参加されている方も多数いらっしゃると思いますので、今回は、仮想通貨(暗号通貨)NEMに関する情報収集方法をお伝えしたいと思います。 私の場合は、仮想通貨(暗号通貨)に投資する切っ掛けが仮想通貨NEMでしたから今も常時 仮想通貨NEM情報を収集しております。 皆さんも、ネット上の間違った情報を掴まない様に注意してくださいね。

情報収集する時に仮想通貨(暗号通貨)に詳しい人の情報か見分けるポイント

仮想通貨(暗号通貨)関連の情報を発信されている方は多数います。私もその一人なのですが、この発信されている情報はホントに正しい情報なのか?を見分けるというか、そもそも仮想通貨(暗号通貨)に関する情報を発信している人が仮想通貨(暗号通貨)に詳しいのか?を見分ける方が上質な情報を収集する基本となります。

一概には言えませんが、仮想通貨(仮想通貨)に詳しい人(本気で携わっている人)を見抜くポイントがあります。

 見抜くポイントは仮想通貨と呼ぶのか暗号通貨と呼ぶのか

一概には言えませんが、見抜くポイントは「仮想通貨」と記述しているか「暗号通貨」と記述しているかで見分けます。日本では、「仮想通貨」が一般的な呼び名となっておりますが、海外では「暗号通貨」が一般的です。

簡単ですが、このように呼び名をどちらにしているかで仮想通貨(暗号通貨)に携わっている度合が測れます。 これまでの私の経験上では、有益な情報を発信している方、もしくは本業の方は「暗号通貨」の方を使用されます。一応、ネット検索の際に検索に引っ掛かからない可能性が有るので、「暗号通貨(仮想通貨)」の様な書き方をされている方が大半だと思います。

元々、ビットコインなどは「暗号技術」を使用されておりますから「暗号通貨」なのですが日本ではいつの間にか「仮想通貨」が一般的に普及しました。 それは大変残念な事で、こうした状況でも古くから関わっているコアな人達は「暗号通貨」とよばれています。 

※私の場合は検索にかかる様に「仮想通貨(暗号通貨)」しています。

どうしたらNEM関連の有益な情報が手に入るのか?

情報を手に入れる手段① 〜仮想通貨(暗号通貨)取引所Zaif~

まず、仮想通貨(暗号通貨)NEM(ネム)に関する有益な情報がていに入れたいと思われる場合は、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)に登録しましょう。 仮想通貨Zaif(ザイフ)はテックビューロ株式会社が運営されています。またテックビューロ株式会社の朝山社長はNEM.io財団の理事に就任されておりますのでコアな情報が手に入ります。

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

 

情報を手に入れる手段② 〜NEM公式サイト~

仮想通貨(暗号通貨)NEM関連の情報はNEMの公式サイトで収集する事もおすすめします。説明文もしっかり書かれているので、読んで仮想通貨(暗号通貨)の勉強にもなります。 仮想通貨(暗号通貨)初心者の方には少し取っつきにくいかもしれませんが一度はサイトを閲覧される事をおすすめします。

 公式サイトはこちら⇩⇩⇩

www.nem.io

情報を手に入れる手段③ 〜Mijin公式サイト~

仮想通貨(暗号通貨)NEMの公式サイトでの情報収集も役に立ちますが、日本での仮想通貨(暗号通貨)NEMの動向が気になる方には、NEMの兄弟である「mijin(ミジン)」の公式サイトを閲覧される事をおすすめします。

個人的に、Mijin(ミジン)のサイトは面白く、情報も分かり易いので好きです。仮想通貨(暗号通貨)NEMだけでなく、そこに関わるテックビューロ株式会社やNEM.io財団などの情報もありますので、今後の投資の判断材料としても有益な情報が手に入ります。

Mijin公式サイトはこちら⇩⇩⇩

mijin.io

情報を手に入れる手段④ 〜SNSを活用する~

情報を手に入れる簡単な方法はSNSを活用する事です。みなさんお使いのfacebookやTwitterを活用しNEMの公式アカウントをフォローしましょう。 また、仮想通貨(暗号通貨)NEMの場合はコアなファンが多いのでツイッターの情報を確認するだけでも有益な情報は取れます。個人的にはツイッターから有益な情報を発信する方をピックアップしNEM厨やNEMBER(ネムバー)よ呼ばれる様な方々とつながる事が情報収集の近道だと感じています。

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

仮想通貨(暗号通貨)NEMの情報取集まとめ

今回ご紹介した方法は、仮想通貨(暗号通貨)NEMに投資してきた経験からの話ですのでこの情報を活用するかはご自身の責任でお願いします。

 今回の情報が皆さまのお役に立てたと思って頂けましたら、下記アドレスにBTCを送って頂ければ幸いです。

BTC受取アドレス:1CCdyveKQhaUthfDH4RTe8EhyjyMAUigEa

 

keep-it-100.hatenablog.com