仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

2017年 高騰が期待されるZaif(ザイフ)トークンに私が投資する理由!

f:id:keep_it_100:20170530002434p:plain

 

最近は、仮想通貨(暗号通貨)バブルも少々落ちついてきたようですね。

本当に、仮想通貨(暗号通貨)は一気に高騰するので、投資の楽しさがあります。仮想通貨(暗号通貨)投資に興味を持たれた方は、この高騰・下落の世界に興味を持たれたのでは無いでしょうか?

しかし、ビットコインをはじめ、アルトコインは、どうも値動きが同時 ですね・・・

その為、ビットコインを購入して準備していたら アルトコインも同時に高騰して、結局買うタイミングが分からない なんて状態になる方も多いのではないでしょうか?

私の場合は、そういった状況を多く経験しているので「逆に、ビットコインやアルトコインが高騰している時に下がっている銘柄を探したらいいんじゃないか?」って思い始めたんです。

ただし、値上がり(高騰)しそうにも無い仮想通貨(暗号通貨)に投資する訳にはいきません。 ですので、値上がりが そこそこ期待できる銘柄でないと困るという観点から選んだ銘柄が今回紹介する「ZAIFトークン」なのです!!

本日、17年5月31日ですがZAIFトークンは良いお値段で落ち着いています。今買わないとZAIFトークンを手に入れられなくなるかもしれませんよ!

私も目標の100万ZAIFトークンまであと少し!1BTCあればいまならZAIFトークンを100万ZAIFトークンほど買えます!!

仮想通貨(暗号通貨)取引所Zaif(ザイフ)とは・・・

今回、ご紹介させて頂く「ZAIFトークン」は仮想通貨(暗号通貨)取引所Zaif(ザイフ)が発行されている「トークン」となります。

では、「ZAIFトークン」を発行している仮想通貨取引所Zaifについて少しご紹介させてい頂きます。仮想通貨(暗号通貨)取引所は Zaif(ザイフ)は「株」などの業界でも「ブロックチェーン」というキーワードと同じくよく出てくる企業で、フィンテック関連で有名な「テックビューロ株式会社」が運営されております。

ちなみにZaif(ザイフ)と名付けられた理由とは・・

「Zaif」は、テックビューロ株式会社が取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いからそう名付けました。

※上記引用文はZaif(ザイフ)公式サイトより

f:id:keep_it_100:20170529225410p:plain

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ビットコインを含む暗合通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

※上記引用記事はZaif(ザイフ)公式サイトより

仮想通貨取引所 Zaif の取り扱い仮想通貨(暗号通貨)

f:id:keep_it_100:20170529233410p:plain

 仮想通貨(暗号通貨)取引所 Zaif(ザイフ)では、Bitcoin(ビットコイン)をはじめMONA(モナコイン)やNEM(ネム)、Storj(ストレージ)、CounterParty(カウンターパーティー)、「ZAIFトークン」、BITCRYSTAL(ビットクリスタル)などなど・・

他の仮想通貨(暗号通貨)取引所と取り扱いが異なり、ビットコイン以外の仮想通貨が多数扱われています。中でも、今回はZaif(ザイフ)の「株」の様な存在である「ZAIFトークン」をお勧めしています。

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

そもそも、仮想通貨の「トークン」とは

仮想通貨(暗号通貨)初心者の方は、あまり馴染みのない「トークン」と呼ばれるモノですが、これは仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上で発行された独自の仮想通貨(暗号通貨)と言われています。

仮想通貨(暗号通貨)は、ビットコインの様に発行者がいない物Ripple(リップル)の様に発行者がいる物と2種類存在します。 主に「トークン」とは後者の発行者がいるタイプの仮想通貨(暗号通貨)となっています。

その為、発行数量などは独自に決められる訳ですから「株」と同じ様なモノと考えて頂ければ良いと思います。

CounterParty(カウンターパーティー)を使用した「トークン」について

Counterpartyとは、ビットコインのブロックチェーン上で展開されている、オープンソースの金融プラットフォームです。
XCPと呼ばれる基軸通貨は Proof of Burn という仕組みでビットコインを破壊することによって作成され配布されました。
現在発行済みの約260万XCPは、これにより保証されており今後増えることはありません。

また、XCPを消費して、トークンと言われる独自通貨を発行することができ、幅広い目的に利用することができます。

なお、ビットコインのブロックチェーンを利用するため、実際に使用する(送金・取引する)にはビットコインも必要になります

Zaifではカウンターパーティの基軸通貨XCPの他、Zaifが発行したトークンZAIFや、Spells of Genesisというゲームで使用されるBitCrystals、分散クラウドストレージ技術STORJのクラウドセールにて発行されたSJCX、株式会社フィスコが株主向けに発行したFSCCなどのトークンを取り扱っています。

※Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所 説明書より引用

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

「ZAIF(ザイフ)トークン」を買う理由

「ZAIFトークン」を買う理由①f:id:keep_it_100:20170530230407p:plain

私が、「ZAIFトークン」を購入する理由はやはり高騰する期待があるからです。

単純に期待だけでは無いのですが、最近の仮想通貨(暗号通貨)バブルの為か「ZAIFトークン」は一時期の勢いを無くし下落一直線です。

 

f:id:keep_it_100:20170530054356p:plain

しかし、過去の私の購入履歴を見ると16年の7月の段階では1ZAIF=0.000048です。

要は、Zaif の業績iよっては「ZAIFトークン」の価値はこの程度までは高騰する可能性を十分に持っているのです。※現在17年5月30日 1ZAIF=0.00000096まで下落しています。私からすれば「買い」以外にありません。

何故、「ZAIFトークン」に投資しないのか不思議です。

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

「ZAIFトークン」を買う理由②

また、「ZAIFトークン」とは言わば テックビューロ株式会社さんの「株」の様な存在です。日本国内でも知名度は高く、プライべートブロックチェーンなども今後,、国内に浸透する可能性が高いと思います。

現在では「Zen」の社会実験が着々と実行されています。

では、この「ZAIFトークン」が高騰しそうなネタの一つであるテックビューロ株式会社絡みのデジタルトークン「Zen」を見てみましょう。

日本円に対して為替が安定した仮想通貨を志向したデジタルトークン「Zen」の社会実験を開始

インフォテリア、カレンシーポート、テックビューロが運用を担当し

100社を超えるBCCC会員企業間で実ビジネスにおける利用・流通を社会実験

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(代表理事:平野洋一郎、インフォテリア(株) 代表取締役社長、以下 BCCC)は、日本円との為替が安定して運用されることで将来的に実ビジネスでの使用に耐えうる仮想通貨とすることを企図した、ブロックチェーンにより実装されたデジタルトークン「Zen」の社会実験を2017年5月15日(予定)から開始します。また、本社会実験に関する事前説明会を4月14日に開催し、参加する企業(BCCC加盟企業に限定)の第1次募集を4月17 日より受付を開始することを発表します。

※BCCC公式サイトより引用

テックビューロ株式会社さんの将来を考えると「高騰するに決まってる」って思えてくるから購入してます!!

私が仮想通貨投資を始めた切っ掛けを作ったのが 仮想通貨取引所Zaif(ザイフであり 運営元のテックビューロ株式会社さんなので 2017年末には必ず高騰していると期待を込めて購入しています。

現在の私の「ZAIFトークン」はおよそ31万ZAIFトークンです。目指すは100万ZAIFトークンまでです。

それまでに高騰してしまったらすみません・・・

ZAIFトークン購入には仮想通貨取引所ZAIFへアカウント登録が必要ですので下のバナーより公式サイトへ移動し登録をしてからZAIFトークンを手に入れてください!

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

ZAIFトークンまとめ

今回、ZAIFトークンの特集にした訳とは、やはりZAIFトークンを手に入れておくべきだと考えているからです。実際、私の場合はZAIFトークンを買う以外、テックビューロ関連の「株」に近いものを手に入れる事が出来ないと考えています。

過去にとあるブログで「テックビューロ株ともいえるNEM(ネム)をなぜ買わないのか」ってキャッチフレーズを目にした事があります。 その当時、ZAIFトークンは発行されていませんでしたが、NEM(ネム)は存在しました。この時、初めて私はNEM(ネム)の存在を知ったんですね!だからZAIFトークンにこだわるんです! 当時のNEM(ネム)も1XEMでおよそ0.3円位でした・・・ですが今はどうですか?

ZAIFトークンに関してCounterParty(カウンターパーティー)を使用したモノですので仮想通貨NEM(ネム)とは話が違いますが、仮想通貨取引所Zaifの経営状況や将来性によっては一気に高騰する可能性を十分に秘めたモノ(ZAIFトークン)だと個人的には思っております。 

仮想通貨関連のサイトやブログでZAIFトークンの話題が出始めると一気に高騰する可能性が高いので早めのZAIFトークンの購入をお勧めします。

私の友人も昨日、120万ZAIFトークン購入した様です・・・

まずは、仮想通貨取引所Zaifでアカウント登録がまだの方は下記より登録できます。

登録方法を詳しく知りたい方は、過去の記事(⇩)を参照願います。


keep-it-100.hatenablog.com

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

何かと話題の「ノアコイン」第三期プレセール開始

仮想通貨界隈でも賛否両論の「ノアコイン」です。プロジェクト的には悪く無いと思いますがどうなるのでしょう? しかし、参加者が多いのも事実としてありますので実現してほしいですね。

f:id:keep_it_100:20170620052508p:plain

現在、第三期の受付を開始されたようです。詳しくはこちら⇩⇩⇩

f:id:keep_it_100:20170606052440p:plain

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

 EcoBit(エコビット)ICO期限が延長?!今しかないEcoBit(エコビット)への投資

現在、仮想通貨ランキングでも5位以内に入っている仮想通貨NEM(ネム)の技術を使用した仮想通貨EcoBit(エコビット)ICO(先行販売)期限が延長されました。EcoBit(エコビット)については、専用記事を書いておりますので興味のある方は読んで頂ければ幸いです。記事はこちら⇩⇩⇩

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 


keep-it-100.hatenablog.com