仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

仮想通貨入門 〜これだけは知っておきたい仮想通貨用語~ 

f:id:keep_it_100:20170517231135p:plain

仮想通貨入門として 様々なサイトが 丁寧に仮想通貨(暗号通貨)とは?と説明をしてくれていますね。 私も、「仮想通貨(暗号通貨)とは」というキーワードで検索して良く分らない仮想通貨用語を検索した時期がありました。

実際、仮想通貨(暗号通貨)に関する適切な情報を発信している方は 仮想通貨(暗号通貨)に関する仮想通貨用語と言っても、その世界では知っていて当たり前レベルなのでしょうが、仮想通貨投資にチャレンジしようとしている方 全てがパソコンに詳しいわけでもありませんし、スマートフォンしか使えない なんて方もおられると思います。当サイトでも、基本的には仮想通貨(暗号通貨)の専門用語は多様しないように心掛けていますが、今回は これだけは知っておいて欲しいと思う、仮想通貨用語について ご説明したいと思います。

ブロックチェーン

最近よく耳にする仮想通貨用語であるブロックチェーンはどんなものかと言うと、仮想通貨ビットコインを構成する仕組みの一つとなります。ビットコインを動かす為の全てが記録されたシステムで有り台帳の様な役割があります。

株式市場の情報誌などでもブロックチェーンと言う言葉だけが出回っていますが、基本的にビットコインの機能の1つという認識で覚えて頂ければいいと思います。

ブロックチェーンの特徴

  1. 落ちない
  2. 書き換えられない
  3. 管理者がいない

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

P2Pテクノロジー

ビットコインを例に挙げると、このブロックチェーンは記録台帳の様なモノですがこれを動かす仕組みとして存在するのが P2Pテクノロジーです。 ブロックチェーンはそのブロックに情報を書き込み、このP2Pテクノロジーで 運用しているイメージを持って頂ければ分かり易いと思います。P2Pテクノロジーは自律分散型のシステムでありネットワークで網の目のように繋がり、データは改竄出来ません。

 

トランザクション

P2Pネットワークに参加するコンピューター(PC)の事を「ノード」と呼び、ブロックチェーンにデータを書き込む時はルールに従いデータを書き込みます。

この、書き込む作業をトランザクションと呼びます。ビットコインの場合は下記のような情報を書き込みます。

書き込むデータ

  1. 送信者のアドレス
  2. 受信者のアドレス
  3. 送金金額
  4. 手数料
  5. 直前のトランザクションのハッシュ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

公開鍵暗号方式

公開鍵暗号方式とは、公開鍵と秘密鍵を使用した暗号方式で有り、身近なもので有ればネットバンキングなどで使用されている。最近では、メールなどにも取り入れられており情報のやり取りを暗号化しやりとりする仕組みと理解しましょう。

仕組みは、公開鍵と秘密鍵の2種類の鍵が存在し、公開鍵で暗号化しデータを送った場合、秘密鍵でしか復号化出来ないといったものです。

 

プルーフ・オブ・ワーク(POW)

プルーフ・オブ・ワークとは、二重支払いを防止する仕組みです。ビットコインをはじめアルトコインなど仮想通貨(暗号通貨)は管理者が存在しません。その為、サイバー攻撃など取引に不正が起きないよう生み出された仕組みとなります。これは P2Pネットワークに参加するコンピュータが 同一のブロックチェーン用ソフトウエアを稼働させブロックチェーンデータの保有と監視をしており、二重支払いなどが起きません。

※仮想通貨により、この仕組み(方法)が違う場合もあります。

 

マルチシグネチャ

マルチシグネチャとは、複数人による承認作業の事。最近では、フリマアプリなどで出品者と購入者が直接やりする形がありますね、この様な場合 アプリ運営者が仲介として入りますがトラブルが起きた場合には対応してくれます。この様に、1つの取引を成立させるために第三者(複数人)の承認によって実施される事をマルチシグネチャと呼びます。

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

keep-it-100.hatenablog.com