仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

2017年高騰が期待される注目の仮想通貨(暗号通貨)ランキング

f:id:keep_it_100:20170512002055p:plain

2017年6月16日現在、GW(ゴールデンウィーク)を皮切りにビットコインをはじめアルトコイン(オルトコイン)が高騰していましたが、昨日を皮切りに一気に下落しております。 これでこそ仮想通貨と言った値動きです。 仮想通貨(暗号通貨)の値動きは中国の動向に影響されますが、仮想通貨(暗号通貨)の世界的な認識は現在となっては揺らぐ事は無いでしょう。 つまり今が買い時かもしれません。ビットコインに関しては25万円前後ですから迷われる方が多いかも知れませんが・・・。

今回は、現在も仮想通貨(暗号通貨)バブルにより高騰はしておりますが 2017年後半にかけて更に飛躍する可能性を秘めたアルトコイン(オルトコイン)及びICO(先行販売案件)を個人的な見解からランキングしてみました。

【重要】EcoBit(エコビット)ICO 6月15日をもって終了しています。

 2017年高騰が期待される仮想通貨(暗号通貨)ランキング

 

2017年注目のランキング第1位 

~仮想通貨(暗号通貨)Auguer/オーガー~

f:id:keep_it_100:20170511054000p:plain

仮想通貨(暗号通貨)で有るAugur(オーガー)は分散型未来予測市場の為のプロトコルです。この未来予想市場とは、賭け事(賭博)となりますので日本国内では賭博罪の関係上馴染みが少ないかも知れませんが、世界的に見れば娯楽です。

その未来予測市場を利用したAugur(オーガー)は今後、保険やデリバティブへ活用される見込みがされております。Augur(オーガー)の役目は例えるなら賭け金を預かり、結果を確認し配当を行う「不正をしない同元」です。

現在日本でも、カジノ法案などギャンブルによるニュースが取り上げられている為、期待できる仮想通貨(暗号通貨)の一つです。また6月の大きなニュースとしてアメリカ・シリコンバレーに本社が有るデザイン・コンサルティング会社「IDEO」とコラボレーションするといったニュースが飛び込んできました。この「IDEO」とのコラボレーションは仮想通貨Augur(オーガー)が高騰する起爆剤になる可能性は高いです。

「IDEO」とは・・・

アメリカ・シリコンバレーに本社を置くデザイン・コンサルティング会社「IDEO」をご存じだろうか。IDEOは、「世界で最もイノベーティブな企業」(米Business Week誌2005年~2007年、米Fast Company誌2009年)にデザイン・コンサルティング企業として唯一選ばれた企業だ。1991年に創業し、人や生活に根ざした発想で、ビジネス、教育、ヘルスケア、社会テーマなどの幅広い領域でデザインのコンサルティング業務を展開。アップル社の初代マウスのデザインで脚光を浴び、現在ではサムスン等の世界的企業の繁栄を支える企業としても知られている。

※DAIAMOND onlinより引用

現在の仮想通貨(暗号通貨)Augur(オーガー)の価格推移

現在(17年5月24日 22:00時点)の仮想通貨(暗号通貨)Augur(オーガー)の価格は仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で1REP=3,802円となっております。

これまでの価格より更に一段高騰した状態となっており、仮想通貨独特の値動きですね。海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニックス)でのチャートでも高騰しており注目が集まり一気に高騰する可能性があるかもしれません。

仮想通貨(暗号通貨)ランキングでは、個人的に期待している仮想通貨の一つである為、大変うれしい高騰ぶりです。

f:id:keep_it_100:20170524215909p:plain

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

 2017年注目のランキング第2位

~仮想通貨(暗号通貨)Stellar(ステラ)~

 

f:id:keep_it_100:20170511235616p:plain

 

仮想通貨(暗号通貨)Stellar(ステラ)とは色々な通貨ペアによる送受金を可能にする目的の分散型プロトコルです。仮想通貨(暗号通貨)Steller(ステラ)を利用すればユーザーは<円>で送金を行い、受けては<ユーロ>で受け取る円やユーロ、ドルだけではなくビットコイン(Bitcoin)のような仮想通貨(暗号通貨)も送受金が可能となります。これにより、送金側も受金側も、自分の都合の良い仮想通貨(暗号通貨)を使用した取引が行える画期的なシステムです。

 国内仮想通貨取引所ではMr.Ripple(ミスターリップル)で取り扱われています。

今なら、新規口座開設で最大77XRPが貰えるキャンペーン中!!

f:id:keep_it_100:20170512002352p:plain

2017年注目のランキング第3位 

~仮想通貨(暗号通貨)NEM(ネム)~

f:id:keep_it_100:20170511055417p:plain

 

今年に入り、国内の仮想通貨取引所ではザイフ(Zaif) 以外でコインチェック(coinchek)でも取り扱いがされる事で知名度が上がった仮想通貨ネム(NEM)です。

国内外に多くのファンを持つ仮想通貨(暗号通貨)であり、ビットコインベースで作られる仮想通貨(暗号通貨)が多い中で オリジナルなプログラムで作られた仮想通貨(暗号通貨)です。現在(2017年6月)ではテックビューロの朝山社長がNEM.io財団の理事になられた事や、兄弟であるプライベートブロックチェーンのMijin(ミジン)とい汎用プラットフォームのブロックチェーンの実証実験環境の第二期の募集開始など、これまで同様に水面下では話題がありそうですが、中々「高騰」といった形にはなっておりません。しかし、テックビューロと言えば、仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を運営している企業の為、期待がもてるのではないかと予想しております。

詳細については、過去の記事を参照願います。

 

keep-it-100.hatenablog.com

f:id:keep_it_100:20170505215452p:plain

 

2017年注目のランキング第4位 

~仮想通貨(暗号通貨)Maidsafecoin(マイドセーフコイン)~

f:id:keep_it_100:20170523054331p:plain

世界でも大きな仮想通貨取引 Poloniex(ポロニックス)での取り扱いでの仮想通貨ランキングでも必ず上位付近にいる仮想通貨(暗号通貨)Maidsafecoin(メイドセーフコイン)です。

主な機能は、演算能力やメモリなどを提供する「分散型インターネット」のプラットフォームとしています。この仮想通貨(暗号通貨)は単位を「MAID」と言い、総発行数は4億5,200万枚に設定されています。そして、この仮想通貨(暗号通貨)Maidsafecoin(メイドセーフコイン)は、今の所 事業が開始されておらず、事業が開始した時にsafecoinとMaidsafecoinを1対1で交換することができます。その為、今のうちに手に入れて置けば将来的に仮想通貨ランキング上位に入る可能性の高い仮想通貨(暗号通貨)の一つだと予想しています。

2017年第三期プレセールを「ノアコイン(NOHACOIN)」が開始!

f:id:keep_it_100:20170606052032p:plain

仮想通貨界隈で色々な情報が飛び交う「ノアコイン(NOAHCOIN)」のプレセール第三期が開始され購入可能になった様です。第三期プレセールでは日本以外の中国・韓国・台湾・アジア諸国といった国でも購入が可能となります。

 

f:id:keep_it_100:20170606052440p:plain

 2017年高騰が期待されるICO(先行販売案件)仮想通貨

f:id:keep_it_100:20170609234151p:plain

今回、新たに2017年高騰が期待されるICO案件(先行販売)仮想通貨(暗号通貨)として仮想通貨(暗号通貨)EcoBit(エコビット)6月15日にて終了となりました。

EcoBit(エコビット)とは・・・

EcoBit(エコビット)を簡単に説明させて頂くと、仮想通貨NEM(ネム)の技術を使用したEco(エコロジー)な活動を目的に開発された仮想通貨(暗号通貨)です。

運営は熱帯雨林保護活動で有名な企業が行います。 EcoBit(エコビット)は仮想通NEM(ネム)の技術を使用し、マレーシア発祥です。

マレーシアと言えば、仮想通貨NEM(ネム)が普及しており経済成長が期待できる国です。

EcoBit(エコビット)に期待する理由・・

まず仮想通貨EcoBit(エコビット)に期待する最大の理由は仮想通貨NEMに関係する仮想通貨だからです。 NEMの技術を使用しており性能面では問題なく、目的が環境活動とくれば人気が出ない訳がありません。また、テックビューロが運営する仮想通貨取引所 Zaif(ザイフ)で取り扱う可能性が高いのでは?と個人的に予想しています。

何と言っても、朝山社長は6月5日にNEM.io財団の理事になられたのですから、EcoBit(エコビット)もバックアップされるのだろうと予測しています。ICOも残り1週間を切りましたのでお早めに

 

f:id:keep_it_100:20170609232526p:plain

 

国内取引所が扱う仮想通貨を世界の取引所ランキングで見ると・・

f:id:keep_it_100:20170518003708p:plain

国内の仮想通貨取引所が取り扱う仮想通貨を、世界最大級の取引所Ploniex(ポロニックス)のマーケットランキングからみてみました。

やはり、コインチェック(coinchek)で取り扱われている仮想通貨(暗号通貨)が全体的に見て多く感じます。私の一押しの仮想通貨オーガー(Augur)に関しては惜しくも10位圏外でしたが世界でも注目されている事が分かります。ZCASH(ジーキャッシュ)に関しては惜しくも10位圏外ですが将来的には非常に有望で有る事がランクを見て感じられます。

次に、Mr.Ripple(ミスターリップル)が取り扱う仮想通貨Ripple(リップル)や仮想通貨(暗号通貨)Stellar(ステラ)といった仮想通貨(暗号通貨)が上位に入っております。国内ではさほど注目を集めておりませんが、仮想通貨(暗号通貨)ネム(NEM)とおなじようにJAVAでプログラミングされた仮想通貨(暗号通貨)NXTといった仮想通貨も上位に入っております。

よくある仮想通貨(暗号通貨)ランキングでは、現在上位に入っている仮想通貨(暗号通貨)が殆どです。このように、よくある仮想通貨(暗号通貨)ランキングの仮想通貨(アルトコイン)は価格が一度高騰し 安定しているモノが殆どです。

Ethereum(イーサリアム)やRipple(リップル)と言った有名な仮想通貨(暗号通貨)は 現在も値上がりしていますし、将来的には 更に仮想通貨(暗号通貨)の認知度やフィンテック分野の発展により確かに高騰する見込みがあると思います、しかし私は 仮想通貨(暗号通貨)に投資する中で一番ワクワクする瞬間が仮想通貨(暗号通貨)ランキング下位にいたアルトコインが高騰する瞬間ですので2017年期待される仮想通貨(暗号通貨)ランキングにメージャーなアルトコインを入れておりません。※もう、仮想通貨(暗号通貨)NEM(ネム)の認知度が上がり過ぎたのでネムは別ですが・・・

  

keep-it-100.hatenablog.com

当該仮想通貨(暗号通貨)ランキングの注意点

当該、仮想通貨(暗号通貨)の2017年仮想通貨ランキングに関しては、個人的な見解で予測しております、その為、当予測が実際に実現するかは保証するものではありません。当ブログ(仮想通貨ランキング)をご覧いただき投資される場合はあくまで、ご自身の責任でお願い致します。 また現在は、仮想通貨のランキングが入れ替わりも激しくなっております。この様な状況ですので、仮想通貨へ投資される際は十分に注意される事が重要となりますので宜しくお願い致します。

  

 

keep-it-100.hatenablog.com