仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

ビットコインは4年ごとに半減期を迎える!~発行総量を制限して通貨価値の下落を避ける仕組み~

 

ビットコインには価値の希薄化を防ぐための仕組みが備わっている

ビットコインの価値の希薄化を防ぐ仕組みの一つに「半減期」と呼ばれるシステムがプログラミングされています。

この仕組みは 、非常に良く考えられている仕組みで、現実世界の「金」と同様に資源には限りがある事を感じさせる。

ビットコインとブロックチェーン

ビットコインの取引にはブロックチェーンと呼ばれる技術が使用されます。これは、ビットコインの送信者と受信者のアドレスを台帳に記録するようなイメージを持って頂くと分かり易いと思います。

仮想通貨の安全性は、このブロックチェーン技術だと言われいます。その理由は、電子署名などの暗号技術をブロックチェーン台帳の安全性を確保するために利用しているからなのです。

何故ブロックチェーンが安全と言われるのか?!

一体、どういった事かと言うと  ブロックチェーン技術というのは、台帳に記録する際に複数のPCを経由するのです。その為、ブロックチェーンを使用するれば一度取引した記録はビットコインのネットワークに関わっている全てのPCが破損しない限り消える事はない、すなわち一度取引した履歴は失われる事が困難な仕組みになっているという事なのです。

ブロックチェーンに取引記録を追記するマイニングとは?

 次に、ブロックチェーンに取引記録を記録すると言っていますがこれには、「マイニング」と呼ばれる作業が必要となってきます。

このマイニングと呼ばれる作業は、ビットコインネットワークに送信された取引データを検証・集計し、取引ごとに 台帳の1ページを更新していくイメージです。

この取引毎の台帳への書き込みですが、誰かまわず出来るものではありません。

台帳に書き込めるのはブロック生成の計算に成功した者だけ

マイニング作業を複数のPCで行いますが、最終的にブロック生成を成功させ台帳に書き込めるのは平均して10分に1回です。これは、ブロックチェーンのブロック生成に必要な演算というのは、膨大な計算が必要な問題を解かなければならず、簡単には成功しません。更にマイニング作業を行うには、時間もそうですが高性能なPCや莫大な電気代を必要とします。実際の話マインングにはお金が掛かります。

何故マイニング作業をする者がいるのか?

お金もかかるし時間もかかる、なのに何故、マインングという作業を行うのか?それは、マイ二ングを成功させブロックを生成出来た者には「報酬」が支払われる仕組みがあるからです。

この報酬は、10分に一度やってくるブロック生成で12.5BTCのマインング報酬が支払われるというものでありますが、今回のお題である「ビットコインに4年ごとに半減期を迎える」という内容通り、このマインング報酬が半減していく仕組みになっているのです。簡単に言うと、ビットコイン半減期を迎える事で発行数量が減っていき流通量が少なくなります。発行量=マインング報酬なので減ると希少価値が上がるといった仕組みが成り立つのです。