仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

仮想通貨(暗号通貨)のメリット・デメリット

f:id:keep_it_100:20170404051232j:plain

仮想通貨(暗号通貨)には下記のようなメリットが期待出来ます。

  1. 政府などの中央管理機関が無く、通貨の価値をコントロールしない
  2. 仮想通貨(暗号通貨)は、改竄出来ない
  3. ブロックチェーンを利用する為、複製が出来ない

項目①で挙がっている、政府などの中央機関が無いとはどの様なものなのでしょうか?これは一部の仮想通貨(暗号通貨)を除き言える事ですが、基本的に仮想通貨(暗号通貨)の発行についてはプログラミングに基づき発行されるものが多いです。

その為、既存の通貨のように発行する通貨の数を景気により変動させたりする事は有りません。

つまり、通貨自体の価値が意図的に変えられる心配が少ないのです。

 

項目②は、暗号通貨は中央機関が無いため通貨のやり取りをする際はインターネット上で行われます。

その為、海外への送金手数量などは非常に安く、更には送金時間なども通常の通貨に比べ飛躍的に早くなっています。

 

項目③の仮想通貨(暗号通貨)は名の如く、データを暗号化しやり取りをします。

そこに使用されるのがブロックチェーンという仕組みです。

これは、取引を複数の第三者がチェックし承認するというもので、通貨の改竄や二重の支払いやハッキングといったものを防ぐ事が出来ます。

簡単に言えば、世界各国で行われる通貨の取引を世界中の第三者が監視・承認を行う事とイメージしてもらえば良いと思います。

 

暗号通貨デメリット

暗号通貨には下記のようなデメリットもあります。

  1. 通貨として認められていない
  2. 暗号通貨は盗まれる可能性がある
  3. 政府・銀行にとって暗号通貨は厄介者

まず、項目①ですが、暗号通貨は通貨として認められていません。

暗号通貨には様々メリットはありますが、暗号通貨を通貨のように使用できるほど使用場所が多くは無く、現状では手数量の格安な送金手段か暗号通貨の価値が高騰するのを期待した投資商品、もしくは経済が不安定な国の資産保護の手段でしか有りません。

 

項目②の暗号通貨の盗まれる可能性ですが、インターネット上でのデータのやり取りの為、悪質なハッキング行為を行う者は必ずいます。

特に取引所は暗号通貨と通貨の両方が集まる場所であり狙われるリスクが非常に高いと言えるでしょう。

その理由は、デイトレーダーのような日々売り買いするような人は常に取引所に暗号通貨と通貨を預けているからです。

 

項目③暗号通貨は中央管理機関が無く運営される為にメリットも多数ありますが、逆に中央機関からするとそれは、驚異となります。自国の通貨を脅かすほどに、認知され使用されるような暗号通貨には、国からの規制がかかる可能性を持っており、そこがデメリットとなりえます。