仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

リップル(Ripple)とは

f:id:keep_it_100:20170402234940p:plain

リップルとは

リップルとは、ビットコインとさほど変わらない時期にRipple Inc.によって開発がされた仮想通貨です。

日本に上陸したのは、マウントゴックス破綻によりビットコインへの不信感を日本中が抱いた時期でした。

その代りの様に、アメリカより渡ってきたのがリップルでした。

リップルビットコインの決定的な違いは開発・運営会社が有ると言う事です。

 

リップルの機能とは

リップルは厳密には仮想通貨と言うよりは「借用書」と例えた方が良いでしょう。

リップルには、この「借用書」の様な機能があります。

では、何故この様な借用書に需要が有るのでしょうか?

それを例えでご説明しますと、まず AさんがBさんに10万円貸し 借用書をもらいました。次にBさんは急な用事でCさんに10万円を支払ました。

そして、AさんはBさんにお金を返してもらおうとしましたが Bさんはすでにお金をCさんに渡していたので 直ぐに返してもらえません。

しかし、Cさんがお金を建て替えてくれる事となりました。

そして、AさんはCさんへBさんから貰った借用書を渡しました。

その後、Bさんは10万円を作りCさんから借用書を受け取りました。

このような場合、金の動きだけで見ると初めと最期の2回しかありません。残りは借用書をやり取りする動きしかありませんでした。

借用書をやりとりするメリットとは

この借用書でのやり取りをするメリットとしては、銀行を都度使用すると手数料が掛かってきますね、そこで借用書でお金を動かすのです。

また、現金で動かした場合は 盗難や事故のリスクが発生するので 借用書ないしは手形を電子化したものへ需要が有るのです。

リップルを採用する企業のメリットとは

上記での通り、リップルは借用書だとご理解頂けたと思いますが、では、どの様な人がこのシステムを使用するのでしょう?

それは、多くは企業間のやり取りや銀行などへ向いた機能だと考えらえています。

話は戻りますが、リップルに投資する価値が有るのかと言った事について、現在のリップルの状況から言うと仮想通貨のハブ通貨と言った位置取りにいるといえます。

その為、アルトコインの中でも安定という面では一番かも知れませんが儲けを出す為、投資する場合は、大きな値の変動は期待できないでしょう。

これは、リップルが決済や送金の為の電子送金プロトコルでありブロックチェーン技術を使用しないという点が影響していると思います。

今や仮想通貨と言えばブロックチェーン技術的な内容の話をよく耳にします。

そういった技術的な面でもリップルは他の仮想通貨と異なる性質を持っています。

リップルへ投資予定の方はこの様な特徴をよく理解した上で投資される事を願います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

keep-it-100.hatenablog.com