読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

イーサリアムとは

 

f:id:keep_it_100:20170402063200p:plain

ビットコインの次に知名度が有る仮想通貨がイーサリアムです。現在、オープンソース・ソフトウェア・プロジェクトのプラットフォームの中でもその機能と可能性が認められ、時価総額ビットコインの次に大きい830億円と言われています。

イーサリアムとは

イーサリアムのリリースは2015年7月であり、当時の時価総額は1ETH=0.006BTCほどでしたが、2017年4月現在では、1ETH=0.047BTCほどの価値を有しています。

現在の1ETHの価値は全盛期2016年6月ごろ以上となっております。

その理由は仮想通貨で度々問題となっている、ビットコインの分裂騒動が影響していると思われます。

数あるアルトコイン中でも、その価値や機能が世界的に評価され価値を有している仮想通貨がイーサリアムです。

過去には暴落したイーサリアム

ビットコインのハッキングによる仮想通貨の紛失です。

これは、2016年6月17日(金)にイーサリアムプラットフォーム上で機能していたThe DAOというドイツのSlock it社が立ち上げた分散型の事業投資会社が有ったのですが、その企業がクラウドセールで調達した資金50億円程度がハッカーにより、TheDAOの脆弱性を利用し、別の場所へ移動させられるという事件が起きたのです。

この事が切っ掛けとなり、当時1ETC=2000円(現在のBTCレートから見ると0.02BTC程度の価値)を有していましたがこの事件により暴落する事となりました。

二つに分かれたイーサリアム

イーサリアムが暴落した理由を初めて聞いた方は???となるかもしれませんが、この事件はイーサリアム自体の問題ではありませんでした、しかし、The DAOの問題ではあるものの、DAOプロジェクトの産みの親であるSlock it社にはハッカーからイーサリアムを取り返す力は無い為に、イーサリアムはハードフォークという言わば巻き戻し作業を行い盗まれた50億円分のイーサリアムは回収できましたが、この巻き戻し作業(ハードフォーク)をよく思わない仮想通貨開発や仮想通貨自体の機能・魅力である中央機関の管理が無い「仮想通貨」という点を重要視した仮想通貨投資家により、巻き戻しを行う前の旧イーサリアムを「オリジナル」もしくは「イーサリアム・クラシック」として立ち上げ、一つであったイーサリアムを二つに分けてしまいました。

この様に、イーサリアムは事実上、二つに分離する事となり、価値は大きく下落する事となってしまったのです。

この二つに分かれてしまったイーサリアムについては賛否両論があり、8月4日にはLet’s Talk Bitcoinで議論される事となりました。

現在のイーサリアムの状況

現在ではビットコインの分裂騒動で暴騰しておりますがイーサリアムとイーサリアムクラシックと2つに分かれたままとなっています。

これから、イーサリアムへ投資しようとお考えの方は2つ存在する事を理解し投資する事を御勧めします。現在はイーサリアムとイーサリアムクラシックの価値は安定していますが、イーサリアムクラシックが登場した16年8月頃は価格の変動が激しく何方か一方が消滅するような噂も流れていたほどです。その為、今後もこの仮想通貨への注目は続くことでしょう。