仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

仮想通貨に投資する際の心構えとは

 

仮想通貨への投資を行うにあたり、注意しなければならない要点が存在しますので、今回はそこを、ご理解頂けるように説明していきます。

目的を決めて投資するべし

まず一番重要なのは目的です。

この目的とは、何の為に仮想通貨へ投資をするのか?になります。

話が難しいように聞こえるかも知れませんが、単純にお金(円)を増やしたいのか、仮想通貨を増やしたいのかを明確に意識して仮想通貨への投資を行う事が重要です。

なぜ投資目的が必要か?

なぜ、目的を決める必要があるかと言うと仮想通貨へ投資しコインを手に入れるには、取引所と言うところを経由し購入します。

現状では、ビットコイン意外のアルトコインと呼ばれるビットコインの代替えコインも現在では600種類以上あるとされておりますが、その多くがビットコインを媒体とした購入方法となります。

つまり、例を挙げると円→BTC→アルトコインと言った構図になります。

これは、円をビットコインと交換してから、ビットコインアルトコインんを購入するような状態になるという事なのです。

この場合、BTC(ビットコイン)を購入するところから始まりますので、仮想通貨への投資に対する目的意識がないと、BTC(ビットコイン)の価格変動とアルトコインの価格変動があるので、お金(円)を増やすのか、仮想通貨を増やすのか訳が分からなくなってしまうのです。

要するに単純に考えて、お金を増やしたいのであれば、アルトコインの価格が上昇し、ビットコインの価格が上昇した状態でないとお金(円)へ換金した際に増えていないという状況が生まれます。 逆に仮想通貨を増やしたい場合はビットコインを増やしたいのかアルトコインを増やしたいのかが焦点となってきます。

両仮想通貨ともに価格変動を繰り返すのでどちらを増やすか明確にしておかないと、価格急騰・暴落が起きる度にトレードしていると元々投資したお金(円)が目減りしてしまう事態となります。この様な事態を避けるため、目的をはっきり持ち投資を行う事が必要となってきます。

 仮想通貨のリスクを考えるべし

二番目は、仮想通貨を失うリスクがある事を理解する事です。 

なぜ失うことを理解するかと言いますと、仮想通貨はインターネット上で取引を行います、それ故サイバー攻撃の対象となる事も考えられるからです。

特に、ビットコインなど有名で価値が有る仮想通貨の場合は要注意です。

現にこれまで、海外の取引所などは、こうしたサイバー攻撃により取引所の破綻が起こっています。

取引所は、銀行ではありませんから破綻しても、利用者の資産の保証はしてくれません。単純に泣き寝入り状態になるのが落ちです。

仮想通貨へ投資を行いたいとお考えの方は、多くの場合、取引所へ仮想通貨を預けた状態で日々トレードを行います。

仮想通貨取引所に預けた場合、現金は取引所内での円表示で有る「JPY」となりますが、いわば、取引所内だけ有効な仮想通貨の日本円になる訳です。

注意してほしいのは、取引所内だけで有効な「JPY」も仮想通貨と言う事になるので「円」ではありません。

特に理解して頂きたい事として、「JPY」状態では他の仮想通貨取引所へは持ちだせませんで注意が必要です。

仮に、取引所が破綻するような事があった場合、一番危険な状態というのは「JPY」状態で保管している事となるのです。

少し横道にそれましたが、仮想通貨へ投資するリスクとしてデイトレードをお考えの場合に必ず起こり得る事なのですが、PC上のウォレットへ仮想通貨を戻すと仮想通貨の出し入れ自体が手間なために 取引所で多額の通貨を保有した状態(預けたままの状態でトレードを行います。 

この様な状態では、ハッカーによる攻撃対象になりやすく せっかく稼いだ仮想通貨を失う事となってしまうのです。

また、ハッカーによる仮想通貨取引所へのサイバー攻撃意外にも、仮想通貨取引所の破綻などによって仮想通貨を失うリスクがある事も視野に入れた方が良いと考えます。

これは、意図的に仮想通貨取引所が破綻する場合もリスクとして認識してほしいと言うものです。意図的になど破綻する訳がないという「常識」は現段階では仮想通貨の取引所には通用しません。

4月1日に施行される仮想通貨に対する法律が適用されると、国内に関しては、この様なリスクは、減少すると思われますが海外の仮想通貨取引所では注意が必要です。

まとめ

仮想通貨への投資の心構えとして上記二点をお伝えしましたが、仮想通貨はとても魅力があるものと私は感じておりますが、リスクは伴います。

このリスクを理解し、仮想通貨とはどの様な物なのか、また仮想通貨の投資だけの観点から出なく「機能」や「特徴」、「将来性」を ご自身でお確かめになる事でリスクは格段に低くする事が可能と思いますので、まずは投資するに当たり情報を数多く集める事をおすすめ致します。

 

keep-it-100.hatenablog.com