仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

仮想通貨法案の施行は4月1日から

f:id:keep_it_100:20170326150508p:plain

来月に仮想通貨の法案が施行されます。

この仮想通貨に関する法案についての影響は仮想通貨取引所がもっとも受けると思われます。

しかし、我々仮想通貨の投資家にしても影響を受けますからしっかりと情報収集を行い、影響する事柄について確認を行いましょう。

仮想通貨法案による影響とは?

仮想通貨法案が施行されるになると、これまで取引所は法的に明確な決まりの無い中で運営管理されて来ました、しかしながら本法案により国が介入する事で、詐欺まがいの仮想通貨を取り扱っている取引所や、または実態の無いような取引所は淘汰されていく事でしょう。

そのため、このような問題ある取引所に仮想通貨を置かれている方は、仮想通貨取引所自体が無く恐れがありますから、資産を失うなどの影響を受ける可能性があります。

仮想通貨取引所からの通達

現在、日本国内にある仮想通貨取引所は有名なもので5社ほど存在します。この5社とは、ザイフ、コインチェック、ビットフライヤー、ビットボックス、ビットバンクです。これらの取引所は国内でも信頼度の高い取引所であります。

※あくまで有名な取引所ですので、5社しか無いと言っているわけではありませんので注意して下さい。

 

これらの取引所へ登録されている方は、すでに各取引所から登録情報を確認するため手紙を送る申請をして下さいなどの確認に関する通達が来ていると思います。

 

何故、登録情報の確認が行われるのか?

今回の法案では、これら取引所に登録者の確認をするよう国からの指令が入っており、すでに登録されている方はご存知かと思いますが、登録情報収集の確認依頼がメールで送られて来ていると思います。

こうした、登録内容の確認は仮想通貨の犯罪利用を防止する為となります。

 

登録情報の確認をおこなわなかった場合どうなるのか?

仮想通貨取引所からの通達を無視し、確認を怠った場合、4月いこうの取引所の利用が出来なくなる可能性があります。その為、確実に3月内に登録者確認を行いましょう!

仮想通貨法案で簡単に口座開設できなくなる?!

4月1日より改正資金決済法が施行されます。これが施行されてしまうとこれまでほんの10分程度で完了していた口座開設が約5日ほどかかってしまうのです。

4月1日までは、下記ステップで簡単に登録出来ていました。

  1. 基本情報の入力
  2. 本人確認ができる書類のアップロード

で即座に取引可能でしたが、それが・・・・

4月1日以降は、このステップに追加で「郵送による本人確認」が新たに追加

されてしまいます・・・。

  1. 基本情報入力
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 郵送による本人確認

面倒な事に、この3つがそろわないと口座開設ができないので手間です。

郵送での確認は3〜5日ほどの日数がかかるのでこれまでの様には簡単に登録できないのです。

登録がまだの方は、急いで登録しましょう!

今なら、登録で250円がもらえるキャンペーン中です(3月31日まで)

詳しくは下記バナーからZaif公式サイトで!