読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

楽天ブロックチェーンラボの衝撃

f:id:keep_it_100:20170413222415p:plain

皆さんご存知の楽天が早くも16年8月にブロックチェーン分野に参入している事を知っているだろうか?
楽天は着々と水面下で動き出しています。 現在、ビットコインの普及は進む一方ではありますが一般的な認知レベルは低く、仮想通貨やIT分野に詳しい一部の方に好まれているだけで、地方へ行けばビットコインは詐欺と思われがちです。
 
そんな中で、楽天はやはり先見の目がありますね。 三木谷社長は素晴らしいと思います。だって、自身のビジネスの根幹を揺るがすかもしれないブロックチェーン分野を自ら成長させようとしているんですから!
現在では、楽天銀行などもありますから本業の商品販売以外の業種ではブロックチェーン技術は応用性が高いといったところに目を向け、誰よりも早く手掛けているのだと思いますが「さすが」の一言ですね。
下の文書は楽天が発表したものです。
 
2016年8月18日

楽天、「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国に開設へ

- 英Bitnet Technologies社の知的資産を取得し活用 -

   楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本年8月22日に、英国・ベルファストに「楽天ブロックチェーン・ラボ」を開設する予定です。同ラボは、ブロックチェーン技術に特化した研究開発組織で、フィンテックおよびEコマース分野における同技術の応用可能性を研究していきます。

   楽天は、「楽天ブロックチェーン・ラボ」の設立に先立ち、ブロックチェーンを活用して電子決済プラットフォームを提供するBitnet Technologies, Ltd.(本社:英国・ベルファスト、以下「Bitnet」)の知的資産を取得しました。Bitnetから楽天に移籍するスティーブン・マクナマラがCTO(チーフテクノロジーオフィサー)として、ファーガル・ダウニーがエンジニアリングのヴァイスプレジデントとして、組織を率います。「楽天ブロックチェーン・ラボ」は、楽天執行役員であるフェルナンド・パウロが率いるテクノロジーディビジョンのエコシステムサービス部が管轄します。

   楽天のグループエグゼクティブヴァイスプレジデントで、CIO(チーフインフォメーションオフィサー)兼CISO(チーフインフォメーションセキュリティーオフィサー)としてテクノロジーディビジョンを率いる平井 康文は、次のように述べています。「『楽天ブロックチェーン・ラボ』の新設により、Bitnetの優れた知的資産と開発における深い知見に、楽天フィンテック分野におけるリーダーシップやイノベーションを追求する企業姿勢が組み合わさり、金融やEコマースの決済のあり方に革新をもたらすとともにブロックチェーン技術の可能性を切り拓く端緒となることを期待しています」

   同ラボのヴァイスプレジデントを務めるファーガル・ダウニーは次のようにコメントしています。「楽天が、ブロックチェーンの研究拠点をベルファストに新設することを喜ばしく思います。楽天にはブロックチェーン技術を活用できる様々な可能性があり、『楽天ブロックチェーン・ラボ』は新しく革新的なソリューションを生み出す場となるでしょう」

   楽天は今後も、フィンテック分野におけるグローバル規模でのイノベーションを推進し、お客様に世界水準のサービス提供を目指してまいります。

以上

 これからの、楽天の将来には期待大ですね!

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

仮想通貨投資への基本的な考え方

 

投資という仮想通貨(暗号通貨)の側面

仮想通貨(暗号通貨)について興味をもたれた一つの要因として、暗号通貨のもつ”投資”という側面が有ると思います。

私自身、初めて暗号通貨に興味を持った理由として株証券やFXのような価値が数倍になったという話を聞いてからです。

要は儲けが出ると期待して、暗号通貨について調べて行くようになったのです。

現在では、知名度や使用範囲が広がりを見せていますので以前よりは胡散臭さがなくなってきておりますが、元がインターネット上の通貨でありその信用は低いため、使用者のほとんどは投資・投機目的の人達が暗号通貨の価値を動かしていると思います。

では、どうして価値が上がると期待し投資をするのでしょう?

それは暗号通貨には儲かる可能性が有ると気付いた、世界中の人々が暗号通貨に興味を持ち勉強し、知識や使用範囲を広げているからです。

価値が上がる・儲かる可能性が有ると分かると、人は調べ、人に勧め、更に流通します、これは需要と供給により成り立ちますので、どんどん価値が高騰するといったスパイラルに入っています。

 

暗号通貨の価値はこれからも高騰するのか?

暗号通貨の価値がこれからも高騰し、儲けが出るのかと言うと、これについては誰にもわかりません。

現在、ビットコインは価値が安定していますが、リップルリップルトレードが運営停止となりXRPが40%も暴落しているのも事実としてあります。

更には2016年に入り暗号通貨への注目度が世界的にみて強まったことで日本でも法整備が行われて行くでしょう。

事実、暗号通貨への投資を考えている方には今年が節目になるかと予想しますし、アルトコインと呼ばれるビットコインの代わりとなるコインの誕生も日々、着々と進んでおり詐欺まがいの商品までが世界中で流通しています。

この様な、状況の中で暗号通貨がなくなるという事は非常に考えにくいですが、今の事態が続くようであれば政府や国などから規制がかかり、その事が暗号通貨の価値に影響を与える可能性は十分にあると考えます。

まずは、価値が高騰するのかしないかよりも、ご自身で暗号通貨を少額でも手入れ、どういった物であるか体感する事が重要ではないかと思います。

 

仮想通貨ランキング

f:id:keep_it_100:20170425224614p:plain


仮想通貨ランキング

仮想通貨投資を始められた方の為、仮想通貨ランキングを記事として書かせて頂きます。まず、仮想通貨ランキング上位に入ってくる仮想通貨はこれらの仮想通貨です。

  1. ビットコイン(Bitcoin)
  2. イーサリアム(Etherum)
  3. リップル(ripple)
  4. ライトコイン(Litecoin)
  5. ネム(Nem)

上記の仮想通貨ランキングは、個人の調査で得た情報の為、誤りがあるかもしれませんがご了承下さい。

 

 第1位 ビットコイン(Bitcoin)

まず、は仮想通貨ランキング不動の1位のビットコインです。

現在、ビットコインは分裂騒動(分裂するかも?)の状況下にありますが依然、将来性などから不動の人気です。やはり仮想通貨ランキングの上位には必ず入っています。

【ビットコインをコインを簡単におさらい】

ビットコインは中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。通貨は国家の信用を基に価値を担保している一方、ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成されてます。ビットコインの数には限りがあり、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります

 ※上記記事コインチェック仮想通貨取引所より引用

また、ビットコインは全ての仮想通貨の根源で有り、「サイバーゴールド」デジタルの「金」とも言われております。 それほどまでに、貴重で有り、価値が世界的に認められた仮想通貨と言えます。仮想通貨ランキングがあれば堂々の1位です。

 第2位 イーサリアム(Ethrium)

次にイーサリアムです。国内で仮想通貨が有名になったあの事件、「マウントゴックス破綻」の際、ビットコインの代替えコインとしてアメリカより登場しました。

現在では不動の二位といった地位を仮想通貨ランキングでは有しています。

 

第3位 リップル(Ripple)

3位はリップルです。この通貨はその他の仮想通貨と若干性質が違います。

現在んところ仮想通貨ではあるのですが、仮想通貨のハブ通貨的な扱いとなりますから

基本的には価格が安定してる事が特徴です。

 

第4位 ライトコイン(LiteCoin)

4位はライトコインが入ってきました。ライトコインはビットコインをベースに作成

されておりビットコインよりもライトと言う事で作成された仮想通貨です。

ビットコインが金で有れば、ライトコインは銀といったところでしょうか。

ビットコインの取引承認時間は10分ほど掛かりますが、これがライトコインで有れば約2.5分と短くなっている事も「ライト」の名前に由来しております。

現状は、ビットコインと同様にマイニングは難しそうですね。

 

 

第6位 ネム(NEM)

第6位は「NEM」です。プライベートブロックチェーンのMijinを兄弟にもつ仮想通貨で日本でも人気があります。日本で浸透しやすい仮想通貨だと思います。4月より仮想通貨取引所コインチェックで取り扱われた事を皮切りに一気に高騰した注目ナンバーワン仮想通貨です。 仮想通貨ランキングについても、上位に必ずと言っていいほど名前を連ねます。今後、海外の仮想通貨取引所でも取り扱いが検討されているので今後更に価格が高騰する可能性が高いと思います。

 

仮想通貨ランキングまとめ

私の独断と偏見による見方もありますが 仮想通貨ランキングではこの様な順位となります。仮想通貨投資をされる場合は 参考にして頂ければ良いかと思います。

数多くのサイト情報で仮想通貨ランキングが記事で上がっておりますが、やはり仮想通貨ランキングの上位三位までは不動ですね。

1位は やはりビットコインとなりますし、現在のビットコイン分裂騒動でもコア側の意見が優勢な感じですから爆発的に高騰する可能性を秘めています。

現在の仮想通貨の動向を見ると五位に入っているNEMが高騰しています。

このNEMに関して非常に高騰する可能性を秘めているので、仮想通貨取引所に登録し保有される事をおすすめします。

こちらのNEMが購入できるのは仮想通貨取引所のザイフ(Zaif)だけだったのですが、4月より仮想通貨取引所コインチェックでも取り扱いがされております。

では、仮想通貨ランキングを参考に仮想通貨を買ってみましょう!

すでにビットコインをお持ちの方は、仮想通貨交換所Changellyを要チェック!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨を増やす方法

最近、「仮想通貨に投資したいのですが、どの仮想通貨に投資すれば良いのか解らないので教えて欲しい」と言う問い合わせをよく受けます。

皆さん、仮想通貨に関する書物が最近になってよく出版されているので興味が出てきたのでしょうね。 とは言え、どの仮想通貨に投資するのかは解らないと思います。

特に、値上がりする意味や仮想通貨の機能など内容についても「株」などと比較すると理解するまで時間が掛かります。

今回は、そういった方々に一番簡単な仮想通貨投資方法である「仮想通貨を増やす方法」をお伝えします。

仮想通貨を増やす方法とは

当たり前ですが、仮想通貨投資と言えどお金を投資するのですからリスクを伴います。

当てモノのように、闇雲に投資では投資資金はすぐになくなってしまいます。

先ず、仮想通貨を増やす方法としては短期投資のデイトレードの様な投資方法はやめておきましょう。

初心者の場合、少しでもそんが出れば売りに出す傾向が顕著に出ます。

仮想通貨は、浮き沈みが激しいためデイトレードの様に売り買いの連続を繰り返すと、いずれは大きな損失が出ます。

それでもデイトレードがしたい方は、もう少し仮想通貨の勉強をしてから行いましょう。

海外の仮想通貨交換所に登録しよう

次に、海外の仮想通貨交換所に登録しましょう。海外の取引所はポロニックスが良いでしょう。ただし、日本の様に安全かと言うと少し事情が違いますので注意は必要です。

なぜ、海外の取引所に登録するのかと言うと、日本国では利用者が基本的には日本人ばかりです。投資スタイルもお国が違えば変わってきます。その為、海外の市場の状況と違いがあるので日本と海外の両方の市場価格を分かっている必要があるからです。

例えば日本では高価だか海外では安いなんて事もしばしば有りますから、海外で仮想通貨を買って日本で売るのもアリです。

日本の仮想通貨交換所にも登録しよう

やはり国内の仮想通貨取引所にも登録を行いましょう。

国内では安心で安全な仮想通貨交換所が存在します。

ここでは過去の記事で信頼できる仮想通貨交換所の記事を書いていますので参照して頂ければ幸いです。

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

 

 

仮想通貨とは

f:id:keep_it_100:20170404054519j:plain

仮想通貨とは一体どんなモノなのか?

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネット上で“仮想通貨とは”と検索すると色々と出てくると思いますが、要点から言うと下記の4点となります。

  • 中央機関(日本円で言うと日本銀行)がない
  • 国から国へ送金する場合も格安の手数料により一瞬で送金可能
  • 暗号化されたデータが価値もったもの(バーチャルでの通貨価値を持ったデータ)
  • 仮想通貨自体にプログラムによる埋蔵量(発行量)が決まっている

特徴としては、この様な内容であり実際に通貨として使用できる場所が増えている傾向にあります。

また、現在では、様々な仮想通貨が世の中に出回っており、その特性により価値を認められ価格の上昇が起こっています。

なお、仮想通貨を知る中でビットコインの存在は外す事が出来ません。

何故かと言うと、ビットコインの誕生こそが 現在の仮想通貨が世に広まる事となったきっかけだからです。

 

ビットコインとは

ビットコインは、当ブログを閲覧されている方は当然の様にご存じかも知れませんが、皆さん口をそろえて言われるのは“マウントゴックス事件”の話です。

日本ではまず仮想通貨といえばマウントゴックスの名前が上がります。

ですがマウントゴックス社は仮想通貨の取引所ですからビットコインと直接の関係はありません。

しかし、残念ながら日本のマスメディアは仮想通貨=悪いもの・怪しいもので有ると、この事件を発端として、世間に情報を発信しているように感じます。 

話を戻しますと、ビットコインとは特に怪しいものではありません。

ビットコインとは、2008年10月に中本哲史と名乗る人物により“Bitcoin:A peer to peer Electronic Cash System”と言う論文をメーリングリストに発表した事で始まっています。

現在ではオーストラリア在住の情報セキュリティ専門家、クレイグ・スティーブン・ライト氏(44)がサトシナカモトである事が有力とされています。

そして通貨自体の特徴として、政府や中央銀行と言った管理者が通貨をコントロールする事が出来ない、世界中のコンピューターを利用することで通貨の管理と処理をさせ、暗号化の技術を活用して通貨の使用や不正を封じる事で信用力を得るというような考えのもと作られているのがビットコインです。

ビットコインについては別の記事で詳しくご紹介したいと考えていますが仮想通貨(暗号通貨)の原点はビットコインであり、現在 株式の世界でも注目を集めているブロックチェーン技術に関してもビットコインの一つの特性であり、ビットコインが世の中に出た事で注目される事となった技術であり、これからの未来に密接に関係していく技術と私は感じております。

 

[http:// :title]

仮想通貨(暗号通貨)のメリット・デメリット

f:id:keep_it_100:20170404051232j:plain

仮想通貨(暗号通貨)には下記のようなメリットが期待出来ます。

  1. 政府などの中央管理機関が無く、通貨の価値をコントロールしない
  2. 仮想通貨(暗号通貨)は、改竄出来ない
  3. ブロックチェーンを利用する為、複製が出来ない

項目①で挙がっている、政府などの中央機関が無いとはどの様なものなのでしょうか?これは一部の仮想通貨(暗号通貨)を除き言える事ですが、基本的に仮想通貨(暗号通貨)の発行についてはプログラミングに基づき発行されるものが多いです。

その為、既存の通貨のように発行する通貨の数を景気により変動させたりする事は有りません。

つまり、通貨自体の価値が意図的に変えられる心配が少ないのです。

 

項目②は、暗号通貨は中央機関が無いため通貨のやり取りをする際はインターネット上で行われます。

その為、海外への送金手数量などは非常に安く、更には送金時間なども通常の通貨に比べ飛躍的に早くなっています。

 

項目③の仮想通貨(暗号通貨)は名の如く、データを暗号化しやり取りをします。

そこに使用されるのがブロックチェーンという仕組みです。

これは、取引を複数の第三者がチェックし承認するというもので、通貨の改竄や二重の支払いやハッキングといったものを防ぐ事が出来ます。

簡単に言えば、世界各国で行われる通貨の取引を世界中の第三者が監視・承認を行う事とイメージしてもらえば良いと思います。

 

暗号通貨デメリット

暗号通貨には下記のようなデメリットもあります。

  1. 通貨として認められていない
  2. 暗号通貨は盗まれる可能性がある
  3. 政府・銀行にとって暗号通貨は厄介者

まず、項目①ですが、暗号通貨は通貨として認められていません。

暗号通貨には様々メリットはありますが、暗号通貨を通貨のように使用できるほど使用場所が多くは無く、現状では手数量の格安な送金手段か暗号通貨の価値が高騰するのを期待した投資商品、もしくは経済が不安定な国の資産保護の手段でしか有りません。

 

項目②の暗号通貨の盗まれる可能性ですが、インターネット上でのデータのやり取りの為、悪質なハッキング行為を行う者は必ずいます。

特に取引所は暗号通貨と通貨の両方が集まる場所であり狙われるリスクが非常に高いと言えるでしょう。

その理由は、デイトレーダーのような日々売り買いするような人は常に取引所に暗号通貨と通貨を預けているからです。

 

項目③暗号通貨は中央管理機関が無く運営される為にメリットも多数ありますが、逆に中央機関からするとそれは、驚異となります。自国の通貨を脅かすほどに、認知され使用されるような暗号通貨には、国からの規制がかかる可能性を持っており、そこがデメリットとなりえます。

 

 

国民生活センターから仮想通貨詐欺に対する注意喚起がされている事実!

4月に入り春らしい天気となってきました。

春になると卒業や入学の季節となり、新しい人との出会いの場も広がる方も多いと思います。

今回は、国民生活センターから「仮想通貨に関する詐欺」について注意喚起がされている事を記事にしたいと思います。

国民生活センターからの通知

以下は国民生活センターからの引用です。

 インターネットを通じて電子的に取引される、いわゆる仮想通貨の購入などにおけるトラブルが増加しており、PIO-NETによると仮想通貨に関する相談は、2014年度は194件でしたが、2016年度は634件となっています。

 相談事例では、知人から「必ず値上がりする」と言われ、売却利益を目的に仮想通貨を購入したが、儲かるどころか支払ったお金も戻ってこないというものなどがあります。また、最近では、知人からの勧誘以外にも、セミナーで配当がつくなどと聞いて仮想通貨を購入してトラブルになった事例も寄せられています。

 仮想通貨は、取引相場の価格変動リスクを伴うため、将来必ず値上がりするというものではありません。他方、2017年4月に施行される改正資金決済法では、仮想通貨に関する新たな規制が設けられ、国内で資金決済法上の仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要になります。

 そこで、仮想通貨の購入等の勧誘を受けた場合は、契約先が仮想通貨交換業者の登録があるかどうかを確認するほか、取引する仮想通貨の内容に関する説明を受け、仮想通貨の仕組みや、取引に伴うリスクなどが理解できなければ契約しないよう、消費者に対し注意を呼び掛けます。

このように、国民生活センターも仮想通貨の詐欺については注意深く監視しています。

簡単に事例も紹介されているので、もしご自分が「そうかな?」と、思われた案件が有りましたら一度ご確認される事をお勧めします。

初心者の仮想通貨投資家では、投資する価値があるのか無いのか判断するのは難しいです。

そのため、一番いい方法と言うのは知名度のある仮想通貨取引所に、登録する事がです。

まず、そういった取引所は仮想通貨詐欺に該当する仮想通貨は取り扱いません。

理由として、信用を失うからです。

答えは簡単ですが、仮想通貨取引所は信用が第一です。私のオススメの仮想通貨取引所はコインチェックとザイフです。

過去の記事で、仮想通貨取引所としてしょうかいしておりますので参照して頂ければ幸いです。