仮想通貨 「虎の巻」

仮想通貨投資 初心者である管理人の備忘録!仮想通貨の勉強ブログです。

第三期プレセール開催中のNOAHCOIN(ノアコイン)に投資する方法

f:id:keep_it_100:20170606052032p:plain

現在、第三期プレセール期間となった、NOAHCOIN(ノアコイン)の登録方法についてご説明致します。 なお、NOAHCOIN(ノアコイン)に関しては賛否両論ありますので投資はご自身の責任のもと行ってください。

ちなみに、私はネット上の情報を基の「買わない」選択肢を取っておりましたが調べていくうちに「可能性」に賭けてみようと思い「1口」購入しております。

では、ご説明を開始したいと思います。

NOAHCOIN(ノアコイン)の登録方法(購入までの流れ)

 まずは、ノアコイン公式サイトへ移動します。⇩⇩⇩より移動可能です。

f:id:keep_it_100:20170606052440p:plain

ノアコインの公式サイトへ移動すると、TOP画面が表示されますので「購入する」か「ご購入はこちら」をクリックします。

f:id:keep_it_100:20170623055613p:plain

クリックすると次に、メールアドレスの登録画面(仮登録)が表示されますので、「JAPANESE」へチェックを入れ、ご自身のメールアドレスを入力し、

f:id:keep_it_100:20170623060146p:plain

 

そうすると、仮登録したアドレスに下の様なメールが届きますので、URLをクリックします。クリックすると本登録画面に移動しますので必要事項を入力します。

f:id:keep_it_100:20170623224642p:plain

登録後「Sign in」のメールが届きますので、本登録で決めたIDとパスワードを入力しページを開くと、NOAHCOIN(ノアコイン)を何口購入するか決め購入申請を行います。

購入申請が完了すれば再度、NOAHCOIN(ノアコイン)よりメールが届きますので確認を行います。

f:id:keep_it_100:20170623232636p:plain

最後に購入はビットコイン送金アドレスへ送金し、TOP画面にご自身が購入されたNOAHCOIN(ノアコイン)数量が反映されれば完了です。

NOAHCOIN(ノアコイン)の反映は少々お時間が掛かります。

ノアコイン(NOAHCOIN)の購入はこちらから⇩⇩⇩

f:id:keep_it_100:20170606052440p:plain

ノアコイン(NOAHCOIN)とは・・・



ノアコイン(NOAHCOIN)の目的

話題の絶えないノアコイン(NOAHACOIN)の目的ですが、一番の目的は海外に出稼ぎ者たちの送金手数料の削減でしょう。 この、手数料の削減にりフィリピンという国が潤うからです。

f:id:keep_it_100:20170623234213p:plain

今後の経済成長が期待できる国こそフィリピン!

経済成長を最もするであろうと言われているフィリピンです。観光地としても着実に成果を上げて居る国と言えるでしょう。また、アジア諸国では経済成長真っ只中と言った国ですので期待は出来ると思われます。

f:id:keep_it_100:20170623234245p:plain

フィリピンの経済成長を支える底力!

フィリピンの経済成長を支える底力はやはり「人」の力です。フィリピンの方は、真面目でよく働きます。何と言っても、労働力の多さと若さが違います。

f:id:keep_it_100:20170623234833p:plain

f:id:keep_it_100:20170606052440p:plain

 

まとめ

インターネット上で様々な情報が飛び交う中での第三期プレセールが始まっている仮想通貨ノアコイン(NOAHCOIN)ですが、ここまで資金調達ができるのであれば実現可能かもしれません。 試しに購入される方も多いようです・・。

投資に関しては自己責任となりますが、仮想通貨は宝くじみたいなモノと考え投資するのもありかもしれませんね。

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

 

 

 

 

仮想通貨(暗号通貨)に取引に係わる消費税非課税化が始まり取引は加速するのか?

f:id:keep_it_100:20170621225149p:plain

仮想通貨(暗号通貨)への投資を検討されている方に朗報です。これまで仮想通貨(暗号通貨)の取引の際、消費税が付いておりましたが、7月1日以降に「非課税」となります。

この機会を逃さず仮想通貨(暗号通貨)へ投資いましょう! なお、既に仮想通貨(暗号通貨)へ投資されている方にも このニュースは重要です。

あくまで予測ですが、「非課税」となる事で、暗号通貨(仮想通貨)へ投資される人がグンと増えると予測されます。

ビットコインの価格はい1BTC=300000円程度ですが、取引数量が増えれば更なる価格高騰が期待されます。 実は、思いのほか仮想通貨(暗号通貨投資)をされている方は少ないので、「消費税の非課税」による新規の仮想通貨投資家の参入は期待できるのです。

実は意外に少ない、仮想通貨(暗号通貨)投資家

タイトルの通り、仮想通貨(暗号通貨)投資家は少ないのです。

2017年に入り仮想通貨バブルと言われる今日この頃ですが、仮想通貨(暗号通貨)自体の値段は高騰しましたが仮想通貨投資家の人数が同じように増えた訳ではありません。大手金融持株会社マネックスがまとめた資料によると、仮想通貨(暗号通貨)への投資を行っている日本国内の人口は約3%と調査結果が出ています。

詳細記事はこちら⇩⇩⇩ ※マネックス証券資料引用

f:id:keep_it_100:20170621214051p:plain

この国内3%の人しか仮想通貨(暗号通貨)へ投資していないという調査結果により、これから実施される「非課税処置」がどの様に影響するのか楽しみです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)の登録者数60万人突破!

仮想通貨投資を行うには、仮想通貨取引所にアカウント(口座)を開設する必要があります。そんな仮想通貨取引所の中でも大手取引所であるbitflyer(ビットフライヤー)の登録者数が60万人を突破したようです。

bitflyer(ビットフライヤー)は、仮想通貨ビットコインをはじめイーサリアムをトレードできる取引所で有り国内での取引数が一番多い取引所です。

しかし、大手取引所で60万人です・・これは多いのか? いや、少ないのでは?考え方によっては、まだまだ仮想通貨(暗号通貨)は値上がりするのでは?となるのです。

仮想通貨(暗号通貨)取引所へ登録がまだの方は、下のバナーより公式サイトへ移動できます。

 

f:id:keep_it_100:20170604201345p:plain

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

7月1日からの仮想通貨取り引き時の消費税「非課税」詳細

仮想通貨(暗号通貨)に係わる消費税が課税取引となっていましたが非課税取引となります。その為、仮想通貨取引所へ支払っていたビットコイン売却追加手数料及びアルトコイン購入売却手数料を廃止する旨を取引所がアナウンスしている状況です。

非課税となる事で、販売所の提示価格も税込み表示から税抜き価格となる事でお得感が出るかもしれません。※変更は7月1日から実施されます。またビットコイン売買手数料とアルトコイン売買手数料は掛かります。

6月末までは、課税対象となりますので、それまでに仮想通貨取引所にアカウント登録を済ませておきましょう。

アカウント登録に関しては過去の記事と下のバナーよりおすすみください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

keep-it-100.hatenablog.com

仮想通貨(暗号通貨)取引所の紹介

仮想通貨取引所ビットフライヤー

仮想通貨取引所コインチェック

 仮想通貨取引所Mrリップル(新規登録で77XRPが貰える)

 

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

 

 

 

 

仮想通貨(暗号通貨)NEMを買ってNEMBERになろうとする人にお勧めする情報収集方法

f:id:keep_it_100:20170617081455p:plain

仮想通貨(暗号通貨)投資に2017年より参加されている方も多数いらっしゃると思いますので、今回は、仮想通貨(暗号通貨)NEMに関する情報収集方法をお伝えしたいと思います。 私の場合は、仮想通貨(暗号通貨)に投資する切っ掛けが仮想通貨NEMでしたから今も常時 仮想通貨NEM情報を収集しております。 皆さんも、ネット上の間違った情報を掴まない様に注意してくださいね。

情報収集する時に仮想通貨(暗号通貨)に詳しい人の情報か見分けるポイント

仮想通貨(暗号通貨)関連の情報を発信されている方は多数います。私もその一人なのですが、この発信されている情報はホントに正しい情報なのか?を見分けるというか、そもそも仮想通貨(暗号通貨)に関する情報を発信している人が仮想通貨(暗号通貨)に詳しいのか?を見分ける方が上質な情報を収集する基本となります。

一概には言えませんが、仮想通貨(仮想通貨)に詳しい人(本気で携わっている人)を見抜くポイントがあります。

 見抜くポイントは仮想通貨と呼ぶのか暗号通貨と呼ぶのか

一概には言えませんが、見抜くポイントは「仮想通貨」と記述しているか「暗号通貨」と記述しているかで見分けます。日本では、「仮想通貨」が一般的な呼び名となっておりますが、海外では「暗号通貨」が一般的です。

簡単ですが、このように呼び名をどちらにしているかで仮想通貨(暗号通貨)に携わっている度合が測れます。 これまでの私の経験上では、有益な情報を発信している方、もしくは本業の方は「暗号通貨」の方を使用されます。一応、ネット検索の際に検索に引っ掛かからない可能性が有るので、「暗号通貨(仮想通貨)」の様な書き方をされている方が大半だと思います。

元々、ビットコインなどは「暗号技術」を使用されておりますから「暗号通貨」なのですが日本ではいつの間にか「仮想通貨」が一般的に普及しました。 それは大変残念な事で、こうした状況でも古くから関わっているコアな人達は「暗号通貨」とよばれています。 

※私の場合は検索にかかる様に「仮想通貨(暗号通貨)」しています。

どうしたらNEM関連の有益な情報が手に入るのか?

情報を手に入れる手段① 〜仮想通貨(暗号通貨)取引所Zaif~

まず、仮想通貨(暗号通貨)NEM(ネム)に関する有益な情報がていに入れたいと思われる場合は、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)に登録しましょう。 仮想通貨Zaif(ザイフ)はテックビューロ株式会社が運営されています。またテックビューロ株式会社の朝山社長はNEM.io財団の理事に就任されておりますのでコアな情報が手に入ります。

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

 

情報を手に入れる手段② 〜NEM公式サイト~

仮想通貨(暗号通貨)NEM関連の情報はNEMの公式サイトで収集する事もおすすめします。説明文もしっかり書かれているので、読んで仮想通貨(暗号通貨)の勉強にもなります。 仮想通貨(暗号通貨)初心者の方には少し取っつきにくいかもしれませんが一度はサイトを閲覧される事をおすすめします。

 公式サイトはこちら⇩⇩⇩

www.nem.io

情報を手に入れる手段③ 〜Mijin公式サイト~

仮想通貨(暗号通貨)NEMの公式サイトでの情報収集も役に立ちますが、日本での仮想通貨(暗号通貨)NEMの動向が気になる方には、NEMの兄弟である「mijin(ミジン)」の公式サイトを閲覧される事をおすすめします。

個人的に、Mijin(ミジン)のサイトは面白く、情報も分かり易いので好きです。仮想通貨(暗号通貨)NEMだけでなく、そこに関わるテックビューロ株式会社やNEM.io財団などの情報もありますので、今後の投資の判断材料としても有益な情報が手に入ります。

Mijin公式サイトはこちら⇩⇩⇩

mijin.io

情報を手に入れる手段④ 〜SNSを活用する~

情報を手に入れる簡単な方法はSNSを活用する事です。みなさんお使いのfacebookやTwitterを活用しNEMの公式アカウントをフォローしましょう。 また、仮想通貨(暗号通貨)NEMの場合はコアなファンが多いのでツイッターの情報を確認するだけでも有益な情報は取れます。個人的にはツイッターから有益な情報を発信する方をピックアップしNEM厨やNEMBER(ネムバー)よ呼ばれる様な方々とつながる事が情報収集の近道だと感じています。

 

f:id:keep_it_100:20170617071552p:plain

仮想通貨(暗号通貨)NEMの情報取集まとめ

今回ご紹介した方法は、仮想通貨(暗号通貨)NEMに投資してきた経験からの話ですのでこの情報を活用するかはご自身の責任でお願いします。

 今回の情報が皆さまのお役に立てたと思って頂けましたら、下記アドレスにBTCを送って頂ければ幸いです。

BTC受取アドレス:1CCdyveKQhaUthfDH4RTe8EhyjyMAUigEa

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

ホリエモンと仮想通貨

ホリエモン(堀江貴文)さんは一時世間を騒がせた株式会社ライブドアの元代表取締役社長であり創業者です。現在ではSNSという会社を設立されて活躍されているようです。また、仮想通貨に関する知識や情報収集がとても上手な方でありTwitter等での仮想通貨に関するツイートもされている事があります。インターネット上の情報でもホリエモンさんのアドバイス通りに仮想通貨を購入したら20万円が700万円になったとか・・・ホリエモンさんの友人が話されているようです。この話題になった仮想通貨は今や当たり前のように耳にするイーサリアムだったそうです。

ここ最近でもイーサリアムは話題になりましたが、値上がりする前にイーサリアムの存在に気付き投資をする等、流石に先見の目を持たれているのだと思います。ホリエモンさんはTwitterなどでの情報発信もされていると先ほど述べましたが、日本初の仮想通貨であるモナコインについても多数のメディアでお話しをされています。さらに,ホリエモンさんは自ら“HORIEMON CARD”といった仮想通貨を発行

したとの事で一時話題となりました。私個人としてはホリエモンさんの考え方や発信されている情報などを気にかけていて仮想通貨に精通した方という認識でいます。これから仮想通貨に投資をお考えの方は、ぜひとも参考にされると良いかと思います。

プロトレーダー向け仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方、メリット・デメリット解説!

f:id:keep_it_100:20170609054822p:plain

今回、ご紹介するのは 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)です。仮想通貨投資初心者の方も 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)という名前は 一度は耳にした事が有るのではないでしょうか?

この、仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本国内でも力のある企業より出資を受けており ビットコイン取引量は国内最多となっています。

マスメディアなどでも露出が多く、名前が一番知られている仮想通貨取引所かと思います。

 仮想通貨取引所としてのbitFlyer(ビットフライヤー)の信頼

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、大手企業の出資を受けております。それほどまでに仮想通貨取引所しての信頼があつい取引所なのです。出資企業(株主)はこちら⇩⇩⇩ 

f:id:keep_it_100:20170609055512p:plain

ビットコイン販売所と bitFlyer Lightning の違いとは・・・

 ビットコイン販売所では bitFlyer が取引相手となりビットコインの売買が行われます。お客様は bitFlyer からビットコインを購入、または bitFlyer にビットコインを売却します。

一方、bitFlyer Lightning ではお客様同士の発注、取引を行うプラットフォーム(取引所)を bitFlyer が提供いたします。また、Lightning FX(ビットコイン FX)Lightning Futures(ビットコイン先物)では最大 15 倍のレバレッジで取引ができます。

 

f:id:keep_it_100:20170609054003p:plain

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットとは・・・

仮想通貨取引所の中でも、ビットコイン以外のアルトコインの取り扱いが一番少ないのがbitflyer(ビットフライヤー)です。アルトコインの取り扱いが少ないという事は投資家にとって メリットが少ないのでは?と思われる方も多いかと思いますが、実際には違います。仮想通貨取引について、「ビットコイン販売所とbitFlyer Lightning の違いとは」の記事であった通り、投資家は仮想通貨トレードをする場合、仮想通貨取引所とするタイプと仮想通貨を売買したい個人同士で行うタイプが存在します。

前者の仮想通貨鳥取引所との取引の場合は、取引所の手数料が上乗せされるので通常よりも高く、逆に後者であれば仮想通貨をトレードしたい個人同士の取引ですから取引所よりもお安く購入できる可能性が高いといったメリットがあります。

こうした事を考えると、仮想通貨bitflyer(ビットフライヤー)は「トレードを主体としたPro向き」であると考えます。その為、bitflyer(ビットフライヤー)はアルトコインを多数取り扱わなくてもメリットがあると言われるのです。

本格的に「仮想通貨トレードをされる方、したい方」は公式サイトへ⇩⇩⇩

    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットとは・・・

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットとして、仮想通貨投資初心者の方限定になるかもしれませんが、ビットコイン以外のアルトコインの取り扱い数が少ないといった点です。 仮想通貨投資初心者の方は「少額から始めたい、少額を投資して高騰する仮想通貨へ投資したい」と思うのは当たり前です。それに対し、仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)では、アルトコインはイーサリアム(Ethereum)のみ取り扱われていますから、仮想通貨投資初心者にとっては 投資先がビットコインかイーサリアムとなり 両仮想通貨 共に高騰している為に手が出せないといった状況となるのです。こうした投資銘柄(仮想通貨)の選択しの少なさについてはデメリットと捉えられてしまう所があります。

仮想通貨投資初心者に好まれている、取引所はこちら⇩⇩⇩

  1. コインチェック(Coincheck)
  2. Zaif(ザイフ)
  3. Mr.Ripple(ミスター・リップル)

仮想通貨bitflyer(ビットフライヤー)の登録方法

 まずは、仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトへ移動します。

TOPページにアカウント登録用の入力欄がありますので、メールアドレスを入力します。入力が終われば、「無料でアカウント作成」をクリックします。

f:id:keep_it_100:20170612154345p:plain

 メールアドレスの登録が完了すれば、bitFlyerよりメールが送られてきます。そのメールに、キーワードが書かれていますので、コピーをしキーワード欄へ貼り付けます。貼り付け終われば、アカウント作成をクリックします。

 

f:id:keep_it_100:20170612155205p:plain

「アカウント作成」をクリックすると、確認事項のチェック欄が表示されますので内容を確認しチェックを入れ「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

f:id:keep_it_100:20170612155531p:plain

以上で、bitFlyer(ビットフライヤー)へのアカウント登録は完了です。注意する点として、ここまでの登録で「ウォレットクラス」ですので一定額以下の仮想通貨の決済・送金などは出来ますが本格的な売買を実施する場合は、「トレードクラス」へのアップグレードが必要となります。

アップグレードには、本人確認が必要となります。(郵送での本人確認等)

 f:id:keep_it_100:20170612160645p:plain

    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

keep-it-100.hatenablog.com

 

2017年高騰が期待される仮想通貨NEMの技術を使ったEcoBit(エコビット)のICO期限まであと少し!

f:id:keep_it_100:20170611061902p:plain

仮想通貨のICOの1つであるEcoBit(エコビット)ですが、ICO期限終了しています。この、仮想通貨(暗号通貨)EcoBit(エコビット)は国内でも有名になった仮想通貨NEMの技術を使用した仮想通貨です。

 仮想通貨EcobitのICO終了

仮想通貨EcoBit(エコビット)のICO終了となりました。昨年まではICOへの参加はおすすめしておりませんでしたが、今年に入ってのアルトコインの高騰により、今から仮想通貨に参加される方で有れば 、少額でICOへ参加された方がリスクが低いと思いますのでご紹介しております。 仮想通貨EcoBit(エコビット)については1万円程度で参加できるので宝くじ的な感覚で投資できるのも魅力の一つです。 現在の高騰下落を続けるアルトコインに投資するのは不安と言う方におすすめのICO案件かと思います。

f:id:keep_it_100:20170614054057p:plain

EcoBit(エコビット)とは

この仮想通貨EcoBit(エコビット)は、インドネシアで始まったエコロジーなプロジェクトです。このEcoBit(エコビット)の運営は環境保護に定評がある企業が運営される事も決まっています。

 

EcoBit Blockchain Cardカードとは・・・

EcoBit Blockchain Cardは、スマートカード上でEcoBitsを送受信する世界初の実装です。 このカードは、NEM技術を使用したスマートカード上のブロックチェーンの世界初の実装です。 EcoBitはNEMを基本ブロックチェーン技術として使用しています。 EcoBit Blockchain Cardは、基盤技術としてNEMも使用しています。 EcoBitウォレットを含み、スマートデバイスやデスクトップ上の他のEcoBitウォレットと相互作用することができます。 このエコビットブロックチェーンカードは、エコビットリサイクル自動販売機を使用してリサイクル缶を購入する際に、EcoBitsエコロジーで使用されています。 ショップ、オンラインショップ、EcoBit自動販売機など、商品やサービスの支払いに使用することができます。 支払いと領収書のほかに、EcoBitブロックチェーンカードは、EcoBit所有者に与えられたボーナスと報酬を維持し、より多くのEcoBitsの使用と購入を促進します。

 ※EcoBit(エコビット)公式サイト記事引用 

EcoBit(エコビット)の買い方  〜ICOへの参加方法〜

まず、EcoBit(エコビット)公式サイトへ移動します移動すれば、トップ画面が現れるので「JOINT NOW」をクリックします。

f:id:keep_it_100:20170611063114p:plain

次に、EcoBit(エコビット)アカウント登録を行います。「JOINT NOW」をクリックすると登録画面が出て来ます。入力欄に必要事項を入力します。

f:id:keep_it_100:20170611063406p:plain

入力が完了すれば、「REGISTER」をクリックします。登録が完了すれば先ほど入力したご自身のメールアドレスにメールが届きます。

メール本文中の「LINK」をクリックします。

 f:id:keep_it_100:20170611070450p:image

「LINK」をクリックすると、ログイン画面が表示されますので、IDとパスワードを入力します。ログインできればあなた専用の画面が表示されます。

後は、入金する仮想通貨用アドレスをコピーして、お使いの取引所もしくはウォレットより送金します。

※ウォレットを持っていない方は、下記より仮想通貨取引所へ登録しましょう。

仮想通貨取引所コインチェック仮想通貨取引所Zaif

f:id:keep_it_100:20170611063643p:plain

投資する仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ネム)の数量をアドレスに送金するとご自身の画面にそれに応じたEcoBit(エコビット)数量が反映されます。

これで、ICO投資は完了です。

EcoBit(エコビット)が高騰すると期待するわけ‥

今回私仮想通貨EcoBit(エコビット)に1BTC投資しています。何故これほどまで投資するのか、それは仮想通貨取引所zaifを運営しているテックビユーロ代表朝山さんが仮想通貨NEM.io財団の理事に就任されたからです。

と言うことは、将来的にNEMがらみの仮想通貨EcoBit(エコビット)はzaifで取り扱うのでは?と言う考えが出てきたからです。

しかし、投資は自己責任ですのでよろしくお願いします。IOCへ参加される方はあと5日ですのでお早めに!

下に公式サイトのURLが有りますのでこちらから⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

f:id:keep_it_100:20170610130149p:image

私はこの通り、1BTCを投資中です! 

2017年仮想通貨デビューする投資家に知っといて欲しい事!

仮想通貨への投資も徐々に一般的なものになって、本格的な広がりを見せていますね。

やはり、私の周りにも仮想通貨への投資やトレードをしたいと言って来る方も多く、相談に乗ることが増えてきました。

そうした、仮想通貨への投資相談をお受けした時などは あまり偉そうな事は言えませんが 私の知る限りの仮想通貨に関する知識を伝えています。

今日は、その中でも仮想通貨へ投資するにあたり どの様な事に注意するのか、また どう様な投資スタイルで、投資するのかなど、仮想通貨の投資方法に関する、私なりの投資方法をお伝えします。

仮想通貨へ投資する際の心構え

まず、仮想通貨への投資に関しては「株」や「FX」と同様にリスクがある事をご理解して下さい。そして、「株」や「FX」の様に価値が上下する切っ掛けが見つけ難いのも特徴です。

「株」や「FX」の場合は、その会社の業績や、世界情勢といった指標が少なからずヒントとして有ります。しかし、仮想通貨の場合は、ネット上に、それに匹敵する情報や、それに勝る様なインサイダー的な情報がSNSなどで大量に流れていたりします。

ですが、情報が多い分 「ガセネタ」も多く存在しますから最悪 「詐欺コイン」や「仮想通貨詐欺」の被害に遭う方が多いです。

知人、友人にも、仮想通貨投資についての勉強をしている人は多いのですが、大体がネットの情報です。

正直、ネットの情報は話半分でき開いた方が良いです。何故かというとネットで上位表示されているサイトは 確実と言って良いほど商売が目的です。その為、そういったサイトには、必ず聞いた事も無いような仮想通貨の広告が貼られています。「今投資すれば‥」、「これから高騰が期待される‥」など、メジャーな仮想通貨に投資するよりも新しい仮想通貨に投資する方が良いといった内容が記事になっていたりします。最悪、「セミナーに参加された方しか伝えられない情報が‥」なんてサイトもありますね!大体が詐欺まがいの仮想通貨を売りつけられます。その為、「絶対儲ける」って気持ちのまま仮想通貨投資に参加すれば必ず損をします。 何故そう言いきれるかと言うと、仮想通貨自体の価値は全て、仮想通貨に参加している人々の期待もしくは信用が「価値(時価)」になっているからです。

その為、「絶対儲ける」などと儲け優先で考えると、損をする事する事を恐れ、間違ったタイミングでのトレードなどを行い資産を目減りさせてしまうのです。 こんな偉そうな事を言うのも、およそ一年半ほど仮想通貨投資を行い、「一喜一憂」し資産を溶かした私だからです・・・。

私流、仮想通貨投資術とは・・・

まず、前置きとして 偉そうに(「私流、仮想通貨投資術」と書きましたが、私は素人です、ですから 正直なところ、仮想通貨の技術的な理解していない所が多いです。

こんな私ですが、闇雲に仮想通貨に投資するほど危険な事はありません。

最低限の知識や、仮想通貨やビットコインの生い立ちなどについては知っています。それも分からない方は、私のブログで宜しければ、過去の記事を参照願います。

 

keep-it-100.hatenablog.com

ステップ 1 〜まずは仮想通貨取引所口座を2つ作る~

では、仮想通貨投資術のほうですが、まず投資する前に仮想通貨取引所に口座を開設しましょう!最低2つは違う仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。

何故、別の仮想通貨取引所で各1個口座を開設するのかと言いますと、国内の仮想通貨取引所では、最多の仮想通貨種類を扱っている取引所で12種類位です。海外の仮想通貨取引所 Poloniex(ポロニックス)などであれば倍以上扱っています。しかし国内ではこの種類で最多です。それだけ投資する選択肢が少ないのです。その為、ビットコインのみしか取り扱っていない仮想通貨取引所では正直役に立ちません・・・

私のお勧めは、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)Zaif(ザイフ)です。

この2つの仮想通貨取引所では、各々に厳選された仮想通貨(アルトコイン)が購入できます。世界の仮想通貨取引所でもTOP10に入る仮想通貨(アルトコイン)を扱われているので安心です。 また、スマホで使いやすい、PCで使いやすいなど取引所の使い易さや特徴もありますので、私がこれまで使用した経験でこの2つの取引所をお勧めとさせて頂きました。各公式サイトは下のバナーより覗けます⇩⇩⇩

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨取引所の扱っている仮想通貨を調べる理由!?

仮想通貨取引所の扱っている仮想通貨にこだわる理由は、仮想通貨投資で重要なのは分散投資だからです。 仮想通貨のチャートを見られた方はお解りかと思いますが、仮想通貨は基本的にビットコイン(Bitcoin)ベースでアルトコインも同様に値上がりします。これは仕方無い事でやはりビットコイン(Bitcoin)の信用度と期待は大きいです。

その為、ビットコイン(Bitcoin)が価格を上げれば つられてアルトコインも上がる仕組みになります。昨今の仮想通貨バブルがあるので、仮想通貨に新規参入される方も多いはずですのでなおさら、この様な状況が生まれます。

 この様な中でも、力のあるアルトコインは価格を上昇させます。このような仮想通貨アルトコインには常に分散投資が必要です。その為、仮想通貨アルトコインを多く扱っている仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)Zaif(ザイフ)をお勧めしています。